2005年01月17日

▼コクヨ ニュースリリース || 「復刻版キャンパスノート」を数量限定で発売

うわぁーーー懐かしい!!

ワタシは、上段左から2番目がメインで3番目に移行した世代。
B罫愛用。小さい字でビッチリ書きこむ派。

0116-01
写真上は、B罫のパック内容(左から 初代/2代目/3代目/4代目)
写真下は、「復刻版キャンパスノート 4冊パック」(右から A罫/B罫


上段左から2番目から、3番目にデザイン変更した時は、なぁんだか悲しかった。
疎外感に近い感じ。大げさ?

キャンパスノートって、デザインが格好いいとは決していえないんだけど、この安心感を与えてくれる貫禄は、あのモッサリしたカンジの表紙デザインの影響もあったりするんだろうな。硬派でチャラくない感じが、真面目に勉強や仕事してる感をモリモリさせるとか。あくまで「感」だけど。

罫線の濃さや髪質が絶妙なんだよな、キャンパス。オシャレノートに浮気しても、結局モトサヤになるんだよね。
しかし、残念な事に、クリアケースに入ってたりしても、ちっともイケてないのがねぇ。悲しいよねぇ。外側にいれるノートだけ無印にしたりとか、無駄な努力をしたりね。誰も見てないんだけどね。
で、いざ無印のノートを使うと、いつも愛用してるゲルボールペンやサインペンがにじんじゃって焦ったり。最初の1頁目でにじまれた日には、軽く途方にくれちゃうよ。A型だからそういう細かい事が気になって気になって仕方ないんだよ。血液型でくくるとB型あたりからクレームがつくんだけどさ。まあいいや。

無印の質感も、あれはあれでスキなんだけど、キングはキャンパスで不動。
子供時代のキングは、ジャポニカ学習帳だったけどね。

酋長さがせ〜、ジャーポーニーカ、ジャーポーニーカ

ってCMが今でも時々頭の中でぐるぐると。

ジャポニカ学習帳の、おしべとめしべの粉々までくっきりはっきり見えちゃう植物の写真の表紙が、なんだかちょっぴり怖かったのをぼんやり覚えてたりして。

子供ながらに「エロティックだなぁ」と思ってたわけでは、なく。決して、なく。


さて。明日は月曜日だ。そろそろ寝るかね。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

▼センター試験:予想平均点は文系585点、理系585点 駿台・ベネッセ

センター、懐かしいな。
ワタシは、センター英語がやたらと得意で、センター数学がやたらと苦手だったっけ。
単に相性の問題と言うか、思い込みの問題だと思うのだけれど。
1浪してるので、センターは2回受けていて、2回とも英語はほぼ満点で数学は平均すら届かないという有様だったなぁ。(←理系。浪人の私大願書提出時に突然文転。将来の展望皆無。)

もともと国立は狙って無かったから(うは!見栄張った!正直なところは、狙える頭を持ち合わせていなかったから)、本番直前模試のような気分で受けていたのが、ワタシにとってのセンター試験。

そういや、さっきニュースで見たけど、国語の教科書に載ってた文章がまるまんまセンターで出たとかなんとか。センターって、毎年何らかの失敗あるね。
ウチらの時も、なんかあった気がする。科目はわすれたけど、"この問題は採点から除外"ってなって、自己採点で×だった問題だったから「チョーラッキー!」とかって大騒ぎしたような記憶がかすかにある。まぁ、センターに熱をいれてなかったから、点数の上下は自己満足の世界なんだけどサー。
ワタシ以外の奴らの多くが「あんだよぉ、正解だったのによぉー」としこたまブゥたれてたあたり、ワタシの頭の弱さがチラリズム。うふん。

そう、知る人ぞ知る、【4択の女王】なんですワタシ。
竹下景子超え。

ちょっぴり思い出話をば。

そう、あれは、浪人中のセンター1日目。
ママンに「行ってきまぁす〜」と眠い目をこすりながら玄関を出た瞬間。

カラスが頭に止まった。

縁起悪いことこの上なし。しかも激痛。ママン爆笑

半泣きのワタシが「ねぇ、ママン、ワタシ今日センター受けに行くのやめようかな」と言うと、
間髪いれずに「うん、やめれば〜。寒いし。」との返答。

ママン、ワタシは浪人生なんだよ。
大学に合格することがこの1年の目標なんだよ。センターもチャンスの1つなんだよ。
それなのに、至極アッサリ「やめれば〜」といい、ご丁寧に「寒いから」と言う理由すら加えてくれたママンは大きい。もしくは天然。後者有力。

まぁ、行ったけど。受験料もったいないし。貧乏性。
カラス着地(着頭?)の衝撃により、若干流血してたから、頭が痒い痒い。
昼休みに一緒に行った友人に見てもらったら、かさぶたになってたよ。
悲惨。

懐かしい。カラス着頭事件、もう7年も前なのか?そうなのか!?
ひぃーーーー。


受験生は、大変な時期ね。頑張ってください。
ワタシも今、受験生。転職先の会社を受けてます。来週二次面接。

みんなで頑張るべ。
風邪に気をつけようねぇー。


※相変わらず風邪を引く兆候すら見えないんだけどー?

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼当せん番号決まる お年玉付き年賀はがき

平成17年用「お年玉付郵便葉書」及び「寄附金付お年玉付年賀切手」の当せん番号

お年玉切手シートが1枚あたったよん♪

当選は、それだけだったよん。

去年当たったお年玉切手シートの切手、まだ使わずに残ってるんだよね。切手を使う機会が無くなったのがよくわかる。
かつて【手紙魔】だったワタシ。
引っ越してしまった同級生をはじめ、とにかく文通相手がたくさん居た。授業中(特に歴史)は、手紙を書いていることが多かった。だから、家族が年賀状で切手シートがあたると全部貰っていた。それでもすぐなくなっちゃうくらいに手紙を沢山書いていた。

それが。
たった数枚の切手すら、去年1年は使わなかったのだ。

そうだ。年賀状で当たった切手で、誰かに手紙を書いてみよう。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(5) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼松雪泰子が離婚

おぉう、そうなんだ。
でも「松雪泰子が結婚している」ってこと自体、頭の中にあまり定着して無かったかも。
どっちかってーと【保坂尚輝が元カレ】って方が印象深い。
一緒にCMやドラマやったりしてたよねぇ。
KOSEのルシェリ。「このスベスベがスキだ」「こっちのスベスベもスキだ」ってやつ。あれ、違ったっけ?
ドラマは「毎度ゴメンなさぁい」と「毎度おジャマしまぁす」だったっけねぇ。キャストたちがみんな大騒ぎで楽しそうなドラマだったかと。いわゆる「ドタバタ」ってヤツ。言葉遣いがなんだかやたらと悪かった印象が。保坂がべらんめぇなカンジだったような?頭にタオル巻いて。

松雪泰子、結構好きなんだよなぁ。
これからもクールでプライドの高い女の役を期待。


※「アッコにおまかせ」をチラ見して知った
子供居たんだ、松雪。知らなかった〜ぁ。私としたことが!!
って、私は芸能界のナニ様のつもりなんだ。
ヤジ根丸出しのミーハー負け犬なだけだろうが。

たまには自分も戒めないとね。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

▼本田美奈子さんが緊急入院 急性骨髄性白血病

カンニング中島氏に続き、本田美奈子さんも白血病…。
この病気に苦しむ人がいかに多いかを改めて目の当たりにした気分。
吉井怜ちゃんも、白血病を克服したんだよね。
渡辺謙さんもそうだっけ。

もう10年以上も前の話になるが、ワタシの友人の弟君が急性白血病にかかり、入院からたった数日で亡くなってしまった。
弟君は、まだ小学生だった。
家族がみな家にあまり居ないうち(父親は家に寄り付かず、母親は仕事で遅くまで残業、姉達は小遣い稼ぎにバイト三昧)で、弟君は、「なんか熱っぽいな、風邪かな」と思い市販の風邪薬を飲んで学校も休まずに行っていたらしい。1ヶ月以上、誰も弟君の体の異変に気づくことができなかったそうだ。
ある日の深夜、家の中で倒れていた弟君が救急車で運ばれた時に当直の医師は「ここまで我慢できるなんて普通じゃ考えられないし、こうなるまで誰も気づかなかったことも普通じゃ考えられない」と言ったそうだ。
かつて友人の家に遊びに行った時、弟君が、満面の笑みでワタシに「お年玉でね、全部コーラ買ったんだ!」ってコーラの缶の段ボール箱をいくつも見せてくれたことを思い出す。ワタシが「骨が溶けちゃうから、コーラは1日1本にしなよ」って言ってるそばから弟君の横にはコーラの空き缶がどんどん増えていったっけ。

なんだか、淋しくなってきちゃった。

病気を克服して元気な本田美奈子さんとカンニング中島さんの笑顔をまたテレビを通して見たいなと思います。


そう言えば、「本田美奈子」って、改名したんじゃなかったっけ?
「本田美奈子.」に。

「ほんだみなこドット」って読めばいいのかな?

あ、でも「モーニング娘。」も「モーニング娘読点」とか言われないあたり、ドットは音読しなくていいってことか。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼ペット長生き…平均寿命イヌ11・9歳、ネコ9・9歳

ワタシの家のワンちゃんは、ヨークシャーテリアのメス。

今月16歳のお誕生日を迎えます。

平均寿命をはるかに超えていまだ元気モリモリ。

獣医さん曰く、犬の16歳は人間に換算すると、80〜85歳だそうだ。
道理で最近良く眠っているわけだ。足腰も弱くなってきている。
でもまだボケてない。

どう頑張っても、彼女と一緒に居られるのは、あと数年。
彼女が幸せな一生だったと思ってもらえるよう、ワタシたち家族は、今まで以上に愛情をわんさか降り注いで共に暮らしていこうと思う。

0113-01

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

▼モー娘。追加メンバーオーディション「該当者なし」

つんく♂大先生に、

> エースを探していたため

って言われちゃった現メンバーたちはどんな心境でしょうか。

あややに追いつけ追い越せとドスの聞いた歌声を武器にピンでやってたのに、何だか知らんがモー娘。に入っちゃったミキティすら、次期エースにはなれないンすかね。
あれか、入隊当時のゴマキ的ポジションを作りたいのか。そんなことしたら、ストレスでまたなっち太っちゃうじゃん。あぁ、もう居ないか。
後藤真希もいつまでたってもパッとしないよねぇ。キャラが無いからかしらね。おしゃべりもへたくそだし。
石川梨華って、言うほどかわいいか?といっつも思っちゃうんだけど。ワタシと世間の価値観は食い違ってるってことなんだろうか。
モーニング娘。って、後藤真希・辻・加護・石川・ヨッシーが入ったまであたりが華々しい感じだったね。あの頃はヨッシーも可愛かったのに。今はひたすら影薄いねー。太っちゃった後あたりからだろうか。
辻・加護をどうやって作り上げていくつもりなのかと言う周囲の大人たちの思惑も良くわかんないし。

・・・とか何とか言ってるけど、最近のモー娘。動向はあまり存じ上げません。

「オマエになんやかんや言われる筋合いは無い」って声が聞こえてきそうですが。
気にしなぁい。ふふーん。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼薄型軽量のQVGA端末「A5507SA」、15日から順次発売

ママンの携帯を、このA5507SAに機種変してあげようと思ってる。
完全にワタシの趣味だけど。
ママンの意向は聞いていないが「ママンの携帯、機種変することにしたから〜」と言うと「まぁアリガトウ」と素直でかわいいお返事を頂きまして。

ワタシは現在の機種より2世代前に、A1014STを使用していた。ワタシ史上、初au機・初カメラ付携帯で、デザインもレディなカンジで小さくて華奢で軽く、期待していた以上に使い勝手も良く、なかなかのお気に入りだった。それと同時に、ママンもドコモのシティホンからauに移行。その時にママン用に買ったのが、上記A1014STに張ったリンク内ページにもある、A1013K
ワタシはその後、A5501TA5406CAと年1機種変のペースだが、ママンは今も尚A1013Kを使っており、さすがに電池の持ちもキビしそうなので、半年ほど前より「小さく・軽く・使いやすい」ってカンジの機種が出るのを待っていた。

最近でよさそうだなと思ってたのは、A1305SA。狙いはじめてからしばらくして、いつまでたっても値段が下がらないなーと思ってちゃんと調べてみたら、グローバルパスポート対応機種だった。ぅわぉ、必要なし!日本脱出経験ナシ、今後も予定ナシのママンには全く持って必要なし!というわけで、機種変見送り。もうちょっと我慢してね、ママン。

そして、やっと出てきたA5507SA
0111-01

いいじゃん、これ。いいじゃん、これこれ。(ブラピと一緒に歌でも歌うか。)
ママンのご要望である条件も満たしている。

-- 必要条件 --
1.小さくて軽いこと
2.通話ができること
3.メールができること
4.電卓があること
5.大きい文字になること
6.写真が取れること

2〜5は、非対応機種を探す方が難しいと思われます。

で、先日早速近所の携帯ショップを覗いたら、25ヶ月以上6800円程度でそこからポイント値引きが出来るとのこと。お値段もマァマァソコソコじゃない。ママンの予算も「1万円以内」ってことなので、クリア。
しかし、そこの携帯ショップの会員にならないとこの値段にならないとか何とか必要以上に声が高くてボリュームの大きい姉ちゃん(といっても恐らく10歳近く下)が必死の説明。しかしながら、彼女のムダに長い説明の主要キーワードと思われる点だけを拾い、頭のなかで列挙してみたものの、会員になるメリットと感じる得点ナシ。
おぉ、ハニー、君の期待に応えられない不甲斐ない僕でごめんよ。
っていうか、一番のメリットであるらしい「永久会員なので、次の機種変の時は入会金や更新金ナシで、会員価格でOKなんですよぉ〜」って言われてもさ、今このショップの会員になったところで次に機種変するまでに潰れてるに違いないと思うんですけど、そこらへんどうお考えなんでしょうかね。ちなみにここ、3ヶ月前は今とは違う携帯ショップだったわけですが。

ワタシ、2005年はもう安売りしないって決めたのッ! (個人情報の)

というわけで、時間があるときにでもママンの携帯もって近所のauショップにでも行ってみようかなーと。
以前行ったauショップから、時々【今だけ3000円割引!】とかいうキャンペーンのお知らせ葉書が来るんだけど、どうも「年末や上期・下期の締めで売上UPしたいのよ」っていう趣旨がミエミエの時期に来てるような印象なので、2月〜3月あたりが狙い目かと。

新しい携帯はワクワクするね。
近々我が家に来るママンの新ケータイも、最初のうちは私のおもちゃになるに違いない。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

▼Google、目的の検索用語を推測してくれる新サービス

最近の携帯の予測変換は、すごい。
「みん」と打ち、予測変換リストの中に【みんGOL】という単語が出てきたときの衝撃はすごかった。しかもそのとき、本当に「みんGOL」って打ちたかったから感動的。
携帯の予測変換に慣れてしまって、時々、本当に時々だが、PCで文章を書いている中で、予測変換を見越して単語に不足のある状態で変換してしまったりする。
って、ちょっとわかりづらいなー。
PCで【みんGOL】って打ちたい時に【みん】の2文字だけ打った状態で変換したら【見ん】になっちゃって、「あれーおかしいなー」って一瞬考えちゃったりするようなカンジ。

みんGOLにこだわりすぎってところは気づいても気づかないフリするのが優しさですよ、あなた。
今現在2005年のこのご時世に、ダリンと2人してみんGOLに嵌ってるなんて、時代遅れも甚だしくて誰にも言えないっての。

しかし、この"Google Suggest"は、すごいね。
ちょっとおせっかいな部分も無きにしも非ずだけど、携帯の予測変換を髣髴とさせる動作。(ホウフツってこうやって書くんだ。お勉強になった。)
そうそう、これよこれ。ワタシが、PCなのに時々やっちゃうのは!!…と、超個人的に感動してみたりしてました。

だって、すごいよ。
【ozawa k】まで打ったら【ozawa kenji】が出てきたよ!
【kenji】からスタートしないあたりのワタシの和の心を感じて!愛しんで!

オザケンの失敗を糧に、今度は【ryoko sh】って打ったら【ryoko shinohara】が出てきたよ!
感動だね。

オザケンや篠原涼子にこだわるのは、ワタシの趣味です。

さてさて。
予測変換への興味を若干引きずってるので、今現在ワタシの携帯で予測変換をしたら、どんなのが候補に出てくるんだろうという統計を撮ってみようと思います。

【あ行】
変換元第1候補第2候補第3候補
あげるのだよ〜あわせるけど
いきますいや
うわぁぅ〜うーん
映画英語
おかえりおなかおやつ
"お"なんて食いしん坊丸出しじゃん。
"い"はトータル的に卑猥な感じがしますな。おい、コラ、ワタシはそんな女じゃない(ハズ)。

【か行】
買って帰るよ〜頑張りますかなり
聞いて禁止今日
くださーいグロッキー悔しい
化粧けど元気
ゴルフ今夜は国際
ほら、"こ"で既にみんGOLの匂いがしてきた。

【さ行】
さっきより寒いからサッカー
週明けしました失礼
ステキスケジュールするぞー
生理是非
ソレまでにそしてそかー
"す"ってさぁ、"スキ"とか出てきてもいいじゃん。絶好のチャンスじゃん!
それなのに、スキはキレイにスルーして、"せ"で"生理"とか思いっきり出て来てるからね。それも間違い無くダリンに送ったメールで使ったしね、生理。新年早々。めでたいよね、赤と白で。

【た行】
大サービス楽しい食べさせて
ちゃんと因みに頂戴
つけてつけてねツヤツヤ
では出来ればです
途中とりあえずとか
あぁ、ちがうよ!「た行」の第一候補つなげちゃだめだよ!
…って、メールで書くことでもないダロと。

【な行】
なり〜なんか長い
日曜日日本ニコニコ
ぬいぐるみ抜いて
眠れなかったネッ
乗りたくない濃厚のは
"なり〜"がキモイ。「了解なり〜」とかって使ってるんだろうな。そろそろ、コロ助年齢制限に引っかかるんじゃないか?

【は行】
はい(友人の名)離れて
ビームス必要ひぃー
プランタン振込み再び
ヘビーへんてこな
ホントに本日殆ど
"ビームス"・"プランタン"で、銀座に買い物に行ったことがわかります。で、超混んでて"ひぃー"なんだろうな。単純明快。実際、ビームスでは悲鳴を上げそうになったよ。

【ま行】
任せまーす舞浜までに
みるなり〜(友人の名)みんGOL
迎えにむしろ無料
メールメンバー
もらえないだろうかモノモライ貰った
いや、貰いすぎだろう、"も"。
「迎えに来てもらえないだろうか」だろうな、確実に。でも、こんなことカレに頼んだりしないさ。パパンだよ、パパン。一人娘のワタシの頼みは高い確率で聞いてくれるわけで。おかげでコンナ娘になりました。
そしてコロ助の再来。"***なり〜"っての使うタイプの人間じゃないと思ってたのだよ、ワタシ。ちょっとショッキング。
で、みんGOLもやっぱりランクイン。なんかヤだ。

【や行】
やっと夜分やろー
夕方有楽町行くぞ
(ダリンの名)(ワタシの名)酔った
"夕方有楽町行くぞ"って完結してて面白い。
最後には、ダリンとワタシで酔ってるのかぁ。なんか平和だなー。

【ら行〜】
来週ラヴラーメン
(愛犬の名)了解リサーチ
るからねるよると
連絡練習連休
ローソン朗報六本木ヒルズ
若いわかんないんだもん
(デフォルトのまま)  
んだんですー 
"来週""ラヴ"なのは、"ラーメン"か。なんか惜しい。何が惜しいのか良くわかんないけど。
"六本木ヒルズ"よりも"ローソン"が上位なのがなんとも。
"ワタシ"は"若い"から、よく"わかんないんだもん"、と26歳独身OLが言ってたとしたらイタすぎ。


うん、面白い。こんなの誰も興味ないだろうけどワタシ自身が興味津々。
定期的にまとめたいもんだ。


ほぅい、そこ!暇人、とか言うな。
ワタシだって今日はチョー忙しかったんだからねッ!(必死)

…と、このエントリを書いている間にも、メールのやりとをしているので、既に予測変換の順位は変わってるんだよなぁ。
なんて儚いランキングなんでしょう!

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

▼カンニング中島は白血病、懸命な闘病生活

昨日の早い時間のYahooニュースに、"骨髄の病気"とあったから、最悪白血病なのか?…と思ってたら本当に白血病だった。
早く元気になって復活して、竹山を自由にしてやってください。

誰か(メンバー?)と一緒にいるより1人でいる方が自由で伸び伸びしてるなぁと、トーク番組に出てる歌手なんかを見てよく思うのだけれど、お笑いコンビだと相方が居なくなると途端に窮屈そうになるから面白い。特にカンニングは互いに「相方ありき」のスタンスでやっているコンビだからそれが顕著に表れてしまうんだろうか。
中島の療養を機に、竹山はお話が上手になってて、次に二人で漫才をするときにまた少し違う形のカンニングが見られたらそれはそれで面白いんじゃないかななんて思ったりもしている。

1点、懸念される所は。
お笑い芸人の方が大きな病気をした後に、以前と変わらず愉快にしている姿をみると、
「結構辛いだろうに、笑って笑わせなくちゃいけないから大変だナァ」
…という目で見てしまう。ワタシだけでしょうか。
同情とはニアリーイコールな感じだけど、ちょっと違う。
いつから辛かったのかな、とか、そんなことしててもう大丈夫なのかなとか。
家族は心配だろうナァ、とか、笑いを売るって大変だナァとか。
もう、大きなお世話まくり。
最近では、小堺一機や坂上二郎なんかが、そう。
本人が「元気になった」ッつってんだから、もういいじゃん!って思う面もあるんだけどね〜。
逆に、病気じゃなくて怪我だとなんとも思わないんだけど。
頑張りすぎて骨折なんかしちゃって、包帯グルグルで更にムリしてるのを見て、ケラケラ笑ってるから非情だよなぁ。

とにもかくにも、また笑顔を見せてほしいものです。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(5) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

▼リクルート、都内23区の情報を収録する「Hot Pepper」の携帯版

ワタシの中では、HotPepperはフリーマガジン(ペーパー)の先駆け的存在。
庶民派のワタシは、"クーポンあるからいってみよう♪"と、数割引の魔力に負けて飲みに行ったこと数知れず。
ぐるなびのクーポンと比較して、どっちがオトクかな〜と幸せな悩みに浸るトカ。

なぁんて、いかにもHotPepperを有効活用してます風に書いたものの、その実、飲食店しか利用経験ナシ。
「HotPepperに載ってる美容院はケアフル!」ってのが友人たちの中での合言葉。
エステも誰かの紹介じゃないと怖くて行けない。金ふんだくられそう。まぁ、相手が喜ぶほどの金も無いんだけどさ。なけなしの貯金を「美は一日にしてならず」とか言われてその気になって大放出しちゃう可能性も無きにしも非ずだし。あぁ、これは違う人の洗脳文句か。

しかし良く考えたら、フリー【ペーパー】としてその地位を確立したのに、WEBに移行してしまったら「おぅい、【ペーパー】はどこへいった?」ってことになるわけだけど。
それにしても、最近のHotPepperは掲載店が増えすぎてて、厚い。重いわデカイはで、持ち運びに不便なことこの上なし。
携帯版の早期リリースに期待します。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

▼早大あと22秒届かず3年連続シード落ち 第81回東京箱根間往復大学駅伝競走最終日

新年一発目のエントリーは、正月っぽい話題がいいですね。
ということで箱根駅伝。

箱根駅伝に限ったことではないが、大学生の大会ではなぜかみな愛校心がモリモリ湧いてくるってのが面白い。
学生時代は、わかる。自分の友人だったり、友人の友人やカレシやカノジョだったりするいわゆる「近しい」人たちが、母校代表で全国大会に出るなんてもの凄いことだ。
しかし、卒業して何年もたち、知っている後輩なんてとぉーっくに居なくなってるっていうのに、それでも母校が勝つとなぜかやたらと嬉しいという不思議。
家族や親戚や友達なんかと「ウチの大学強ぇ!」「オマエの大学だけには絶対負けない」などと言い合っては盛り上がる。

まぁ、今年の箱根駅伝はヒトリで見てたんだけど。(それも復路だけ)
それでも「パパンの大学〜」とか「ダリンの大学〜」とかそういう風に見てしまう。

まぁ、今年の箱根駅伝はワタシの母校は出なかったけど。
出ても弱いんだけど。都会のお坊ちゃまだから。(偏見)

復路しか見てないけど、面白いレースだった。
そして、感動してしまった。
体育会系のアツさに弱いワタシとしては、いやもう、泣いちゃうよ、ほんとにもう、っていうカンジ。

スポーツはいい。
ワタシ自身、中学から大学まで、約10年間体育会系の部活に籍を置いていた。(高校時代にブランクあり)

大学生の時も【サークルは遊び・部活は本気】となナンパ男のような理由から、部活に所属した。
サークル活動は軽いオールラウンドに適当に顔を出せばいいや、と。アソビだから。アソビ。
大学の部活では、吐くまで走りこんだり、高熱を出して学校を休んでも放課後の練習に参加したり。
勝ち進めば進むほど試合の前日は緊張して眠れなかったし、先輩や後輩の試合では声が枯れるほど応援した。
勝てば泣くほど嬉しくて、負ければ泣くほど悔しかった。
監督やコーチにしごかれても、先輩たちにイビられても、やめようとは思わなかった。
今感じてる辛さ以上の大切なものを、乗り越えれば乗り越えた分だけ大きく得られることを知ってしまったら、やめられるはずなんて無かった。

あの頃、ワタシたちはアツかった。そして、それが誇りだった。

今の生活で、こんなにもシンプルにアツくなれることってあるだろうか。
互いに感動を与え合える関係がどこかに存在するだろうか。

答えは、NO。考える余地もない。

もっと情熱的に生きたい、と、箱根駅伝全校のゴールを見ながら、切に思った。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♯12月まとめ(ワタシメモ)

あけましておめでとうございます。
皆様とワタシにとって良き1年でありますように。
(アクセス解析結果)

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

♯御礼

2004年も、残り約1時間ほどとなりました。

ブログ開設から約4ヶ月、
皆様にとって気持ちのイイ内容でない記事も多々あったかと思いますが、
お付き合いいただきましてありがとうございました。

来年も、自分のペースでボチボチやってゆきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

皆様の御多幸を祈っております。

あとは、面白いゴシップが毎日あれば、ウハウハです。


また、ワタクシゴトですが。
ダリンが熱を出しまして、年末年始の予定は丸弾けです。
予約してたイベントもあったりなんかしたんだけど、
当日キャンセルなので、リターンなし。ヒィー。
ワタシの両親も、ダリンも、ダリンの家族も風邪引いてるって言うのに、
何でワタシが風邪を引かないのかが不思議で不思議で。ね。ね?
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

▼<M―1グランプリ>アンタッチャブルが優勝

今年のM1は、すっかり見慣れたアンタッチャブルがしっかりと期待に応えてくれたことと、南海キャンディーズが日本全国に「コレハクルゾ」というテンションの盛り上がりを与えてくれたことに尽きる。

ワタシの感想は以下。
偉そうなことばっかり言ってるので(特にファンの方など)お気に触ったらゴメンナサイ。

【千鳥】
彼らも言っていた通り、デジャヴまくり。
後半、会場が暖まってきた頃に彼らが出てきていたらまた結果は違うものになっていただろうか。ワタシ個人としては、ネタを知っていたために残念な結果。1回目に見たときはそこそこ笑ったのに。あんまり伸びはなかったけど。一度テレビでやったネタをM1でやらないでくれよー。ガッカリ。(@)

【東京ダイナマイト】
静か〜に面白かった。
優勝するほどの衝撃は無かったけど、今後も彼らの漫才を見たいという思いを残す4分間だった。

【トータルテンボス】
あまり好みではないのだけれど。
卵出したり旗出したり、ネタはそれほど面白くナイよなぁと思うんだけど、言葉遊びが上手でニマニマしちゃう。彼らは、もう爆発頭にこだわらず言葉遊びを貫いていって欲しいナと思う。

【タカアンドトシ】
上手かった。
いわゆる漫才だったと思う。でも、「顔が歪む」の意味がわからなかった。顔、歪んでないよねー、別に。彼らの漫才を良く見ているヒトには笑いどころだったのだろうか。勉強不足で残念。もしも、内輪ネタだったとしたら、世間には私以上に前知識のなくM1を楽しみにしているヒトが大多数だと思うのだけど。でもやっぱり面白かった、と思う。

【POISON GIRL BAND】
つかみがナイ。
途中からジワジワと意味不明さが居心地よくなったが、いかんせん心を奪われるまでに時間がかかりすぎる。彼らの流れをしってたら「そろそろくるぞ」みたいなカンジで違った楽しみ方があるのかなとか思った。余談だが、コメントのときの印象が悪かった。「あ、友達になりたくねー」と思った。

【南海キャンディーズ】
まさしく"彗星の如く"ってヤツ。
「顔を見たことあるし名前も聞いたことあるけど、唯一ネタ見たことないし、女芸人ってイマイチつまんないしなー」と、正直一番期待していなかったペア。しかし、結果的には、笑い転げさせて頂いた。しずちゃん、アンタいいよ。でも、コメント求められたときに割とさばさば回答できるところを垣間見て一瞬萎えた。だめだよ、しずちゃん、キャラ維持しようよ。山ちゃんの「しずちゃん、それは…」のツッコミ、秀逸でした。いま、ちょいキモ芸人がワタシの心を大幅に占めてるので。(フットボールアワー・岩尾、バナナマン・日村、ペナルティ・ワッキー、その他諸々)あぁ、山ちゃんも仲間入りだよ。

【笑い飯】
ビックリ。笑い飯って、こんなに地味な人たちだったッケ。と。
審査員も言ってたけど、パワーが薄くてちっとも引き込まれなかった。残念だナァ。去年のM1でMAX値をはじき出してしまったんだろうか。"Wボケ"という目新しさだけで我々は「笑い飯マジ面白い」と錯覚してしまっただけなんだろうか。それに、最近じゃ、たまにテレビで見かけても「あ、そのネタ見たことある」ってのばかりで。「いいネタはM1用にとっておいてあるのかな」とも思ったのだが、イマイチだったねぃ。中途半端というか。残念だった…。

【アンタッチャブル】
貫禄。安心感をもって見、笑い、満足した。
審査員も言っていたが、会場との一体感があったのはアンタッチャブルが一番。っていうか、アンタッチャブルだけだったのでは。自分たちやオーディエンスの両方を感じた上での間だった。それは、テレビの前にいるワタシですらライブ感を感じる程だった。素晴らしい。場数をこなしているのが足かせになるのでは?とチョット思ったりもしたが、プロはそう言うものではないんだなと。優勝するコンビの熱を感じた。当然の結果だったと思う。

【麒麟】
彼らのネタも初見ではなかったことからガッカリ…というよりは、しらけてしまった。一度テレビでやったネタをM1でやらないでくれよー。ガッカリ。(A)彼らの漫才は、"そこそこイイんだけど、クセになる何かが足りない"カンジ。顔と声はクドいがあっさり系。他の誰かでもよさそうだなと言うか。ていうか「頑張れ俺たち」って、全然面白くなかったんだけど。優勝したいならもっとハイテクなアドリブを是非。

【審査員部門】
キーやん。間が悪すぎな上に独り善がり。アレでいいんでしょうか。
まぁ、演るほうも観るほうもヒトなわけだし、当然ながら好みがあるのでどこを採点ポイントにするかは個人の裁量によるのだろうけれど、大竹まことが一番まともな採点をしていた印象。とはいえ、審査員の出した点数まで詳細に見ていたわけではないため、今夜にでもビデオで復習しようと思う次第。

また、松紳コンビだったら、ここで何と言っただろうと考えながら観た。
彼らの感想を是非聞いてみたいものだ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。