2004年10月01日

▼TBS、ドラマで放送ミス ケータイ刑事銭形泪

TBSって、いろいろあるなぁ。
しかし、NHKのほうが、より灰色っぽい部分を感じるのはワタシの偏見でしょう。そうでしょう。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼うの“飲み友達”「三木谷さん憧れ」

【頭が良くてクレバーな人】っていう表現がいかんともしがたい。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼冨永愛さんが結婚へ パリ在住の日本人男性

同じデキ婚でも、ヒロスエのときなんかは「あっちゃー、失敗しちゃったねぇ」と同情したもんだが、冨永愛となると「子供産んでもカッコイイんだろうなー」って思っちゃう不思議。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼飯島直子意味深「子供もいいな」

お。その納豆の食べ方良さげ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

▼紀香、“棟梁”と呼んで…サトエリ、加藤も“似合う衣装”

最近の紀香嬢は痛々しい。
スタイルは抜群にいいし美人サンなのに、悲壮感漂う必死さが伝わってくる。

かつて、ファッション誌で、「この秋、あなたは紀香スタイル?菜々子スタイル?」ってな感じの特集が組まれまくっていた頃の余裕のある美しさがなくなってる…。菜々子嬢のほうは、いまでもステータスを保っているというのに。
いまの二人を見ているといずれは、松島菜々子→吉永小百合、藤原紀香→かたせ梨乃の道を歩んでいきそうな気がする。
吉永小百合には「さゆりすと」なんつー人々が居るくらいで、彼女の若かりし日を知らない私たちが今彼女を見ても、完全に美しい。あの柔らかい物腰が人々をぽーっとさせるのだろうか。菜々子氏には、是非ともあんなふうな大人になっていただきたい。日本中の皆が憧れるような。
一方、かたせ梨乃も十分お綺麗なのだが、あの年齢不詳っぷりが異様で怖い。「見て!ほら見て!美よ!私が作り上げた美はこれよ!」っていうムードが怖いのだろうか。彼女独特の「強さ」のようなものに通じるものを紀香氏にも感じるのだ。紀香氏も童顔だから、年齢不詳になっていきそうだし。

最近のジョージアのCMは極めていただけないが、以前の【スーツ着た女たちののヒップホップ】みたいな意味のわからないシリーズが終わってほっとした。矢田亜希子は、あのCMに出る必要は無かっただろうに。米倉涼子は、藤原紀香とは比にならないほどイタいたしかった。佐藤江梨子は、他の二人と並べられると顔がデカくてちょっとかわいそうだったけど、一番可愛かった。あの子はかもし出す空気がとてもキュート。
今回の【女たちの男仕事着コスプレ】も、やはり良さがわからない。マシになったな、程度。しかし、そんな中でも、佐藤江梨子ちゃんはまたキュートに攻めてくるだろうし、加藤あいちゃんはキャラを汚さない程度にしか演じないだろう。でも、ふたりはいい、若いからそれだけで可愛い。一方、藤原紀香は、もうそっとしておいてあげたい。それでなくても、姐御肌なんだから、ハリキリ姐さんになっちゃって痛々しいのに、大工なんてテンションの役どころさせたら、鼻の穴膨らまして頑張っちゃいそうだもん…。

藤原紀香は、ゴージャスなドレス着て、映画のプレミア試写会に行ったりブランドの新作発表会に行ったり、そういうことした方がいいと思う。

って、これじゃ某姉妹とカブるか。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

▼ジャズシンガー・hiroに喝采 “聖地”ブルーノートにゲスト出演

SPEEDデビュー当時から、「ワタシはヒロちゃんがすきー」なんて言ってカラオケでモノマネしたりしていた。彼女はどんどん歌が上手になり、そのうちとてもじゃないがモノマネなんて出来ないほどになってしまったが。
SPEEDが解散して、hiroとしてソロで歌い始めてもワタシは彼女をこっそり応援していた。…といっても、普通に歌を聴くだけだけど。
ソロになってからの彼女は、なんだかのびのびしているようで、聴いていてとても気持ちがいい。「好きな音楽を好きなだけやってるんだ、みんな私の歌を聞いて!」って言われている気分になる。
それに、彼女はどんどん大人っぽく、女っぽくなっていく。大きなサイズのバスケのユニフォームにシャカパンをはいて、"ウエイクミーアーップ!"って歌ってた彼女は今となってはもう見る影も無い。そういえば、あの頃まだ彼女は小6か中1くらいじゃなかったっけ?
今の彼女はワタシなんかよりずっと年下なのに、時々ドキっとするほどの顔をするからたまらない。
しかし、中途半端ファンのワタシは、彼女がジャズプロジェクトを立ち上げたのを知らなかった。もうこれは、今日買って帰るしかない。今夜はジャズシンガー・hiroを堪能することとしよう。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

▼村上里佳子、すべて綴った

何故、村上里佳子はちょっとヤな感じがするのに、設楽りさ子(三浦りさ子?)には好感を持つのだろう、ワタシ。どちらも、特に好きなわけでも嫌いなわけでもないけど、ちょっとヤなのと、ちょっとイイっての。ま、好みの問題かしら。里佳子のほうが、少し多く「アタシが、アタシが!」って所を感じるからかなぁ。
まぁ、なんであれ、またしてもどーでもイイ話。
加えると、この本にも興味なすぃー。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼KEIKO「もう死語かもしれないけどラブラブ」 globe2年ぶりに全員集合

何がカワイソウって、ASAMI(だっけ?)とコトリちゃん(だっけ?)だよねー。あー、でも、お金たっぷりもらえるのかなー。
とはいえ、もし、小室氏とKEIKOが最初から"ラブラブ"だったとしたら、元嫁のASAMIはヤラレ損→産み損ってことだもんなー。
しかしまぁ、どうでもいいね!

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

▼安達祐実 揺れる女心

誰が誰と付き合うとかは本人の問題なので、芸能人であろうと一般人であろうと、そこは他人が口出しする所じゃない。
ワタシが、この記事を読んで気になったのは、

> 取材に対し足を止めたり、さえぎる関係者の肩越しに答えようとする真しな態度に
という部分。
彼女は、数え切れないほどの取材をこなしているであろう記者に「真摯な態度」と書かせるほどに、「人に見られる・見せる仕事」に自分を置いているという自覚がしっかり根付いているんだろうなと感じ、好感が持てた。
先日、渦中の人・ヤクルトスワローズ古田敦也選手夫人・中井美穂さんの、「マスコミの人間としてカメラを避けるということはありえません」というようなニュアンスのコメントを聞いたときも、同じように感じた。

見せる側も人間だから、いつでも笑顔でいることは難しいだろう。それでも、見る側に誠実さを伝えるようなやり方をする必要があることは、見せることを職業とした人たちが華やかさと引き換えに背負った重荷なのではなかろうか。
取材拒否というものを見るたびに、権利を主張する前に義務を全うする気持ちを見せろよ、と思う。

ワタシは冷酷すぎるんだろうか。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

▼田代まさし容疑者を逮捕=ナイフ所持、リュックには覚せい剤−警視庁

ワタシから申し上げることは何もありません。さようなら。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼波田陽区11・17CD出す …っていうじゃな〜い 「残念!!」のギター侍

笑いのネタをなぜCDにするのだろう。
芸人さんが、同じネタを違う番組でやっているのを見たら、「またこのネタかよ〜」とウンザリするのだが。

CDって、何度聞いても同じことしか言わないのに(当然)、その全く同じ笑いのネタを繰り返し聞くものなんだろうか?まぁ、その芸人さんのファンだったら嬉しいのかなぁ。ワタシとしては、何故売れるかが不思議で仕方ないのです。
少なからず、ビデオやCDも同じような点はあれど、やはり映像が加わる分、濃度が増す感じ?でもワタシはレンタルはするけど買わないナァ。

っていうか!
ネタCD出す芸人って、そのネタしか持ってない気がするよ!特に最近。SAGA佐賀とか、ゲッツとか、なんでだろーとか、間違いないとか。それら、全体的に、「もういいよ〜」って感じ。飽きるのが早かった。と言うことは、近々「ってゆーじゃなーい」もそろそろ寿命を迎える予感。流行語大賞まで持つかな?もう年末近いし大丈夫かな。って、余計なお世話か。
そもそも、「残念!」ってのは、これまで自分たちも使ってたし聞いてたから別に流行語って感じでもない気がするんだけど。
お笑いブームはいいけど、なんとなく笑えりゃいいや〜っていうネタが蔓延するのは勘弁して欲しいね。とか言ってるワタシは何様だ?

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

▼“ご託宣改名”モンキッキー…さて、行く末は…

かわいそ。モンキッキ。
誰かとテレビ番組の話になっても、「昨日モンキッキがさぁ〜」とは言ったことはないかもしれない。いつのまにやら「おさる」に改々名しそう。と言うよりはして欲しいんだけどね。一視聴者としては。

基本的に、ワタシは占い的なことを根っから信じることはあまり、ない。へぇ〜ほぉ〜と思うことはあるし、星占いを読んで軽めに一喜一憂もするが、すぐ忘れちゃう。
そのくらい。

ワタシの友人にも細木教信者のコがいる。
彼女は、「あたし、今年はダイサッカイだからなにやってもだめなんだよ。おとなしくしてなくちゃ」なんて、毎日のように言ってたけれど、そういえば先日結婚した。おめでたい話だから、「ダイサッカイん時に結婚していいの?(ワタシは気にしないけど)」…とは言えなかった。

占いや予言的なものとかって、「心がけ」のために使ったらいいんじゃないかなって思ったりしてるし、基本的にあの種のオバさんはダイっキライだから、細木数子さんの出演してる番組は、これまでもこれからも見る気がまったくしない。
まぁ、需要があるんだから、テレビに出て言いたいことを言うのは一向に構いませんが、他人に害を与えない発言をしてください。五輪で金取れないなんて、失礼とか迷惑とか言うレベルじゃない。本人や関係者や応援している人たちがどれだけいやな思いをするか、考えてみて欲しい。

そういう面では、叶姉妹。あの人たちは、一般ピーポーの常識とは遥かにかけはなれた発言ばかりしているけど、ワタシが見たことがある限りでは、他人に迷惑がかかるようなことはしていないから不快な思いはしないんだよね。スキでもないけど。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

▼CMにヨン様起用―ソニー、新サイバーショット3機種を発表

だから、ちょっともう、マジで勘弁してくださいよ。
昨日も書いたけど(リンク)、4サマはとっくにお腹一杯なの。
ワタシの愛用デジカメは、サイバーショットなのぉ〜!(F77A)
天下のソニー様も、起用がダサいよ。ちょっとイタいよ。
お菓子だったらなんとなく分かるんだ。4サマつかってても、納得できるのよ。4サマファンのおば様たちがこぞって買って、いまよりもうちょっと丸々とするという流れでしょ。

4サマを起用してるデジカメだと、いくらほしくても少なからずためらうだろうな。電気屋の兄さんに、「これは、4サマが宣伝してる奴ですよ!」なんていわれたら萎えることこの上ない。"お買い上げの方に、4サマグッズプレゼント"…なんていわれたら、間違いなく購入は中止します。恥ずかし過ぎ。

あまりに人気沸騰してしまった人には、抵抗因子も根強いということよね。
何事も、ほどほどが、いいってことだ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼くりぃむ有田“激写”爆笑釈明

上田の頭の回転のよさは、有田のボケあってこそ。
三村のつっこみのよさも、大竹のボケが絶妙だから。
いやぁ、お笑いって、ほんとにいいもんですね。

最近のワタシは、芸人さんに癒してもらう毎日を送っている。
内P、はねトび、水10、銭金の4つは欠かさない。

いや、欠かせない。

イライラを抱えたまま家に帰りテレビをつける。すると、そこには、大竹がぐだぐだなボケをしてそこに三村がぐだぐだなつっこみをいれている画や、秋山がもはや異次元の笑いを提供してくれている画がある。
それを見ることによって、「たはッ」という声とともに、一日で一番の脱力感を味わうことが出来る。
この脱力感こそが、ワタシにとって、バク天や笑金やエンタとはちょっと違った深夜的お笑いの魅力なのだ。

幼い頃から気づけば【お笑い】が好きで、深夜番組をザッピングしまくっていたタイプの人間としては、いまのこのお笑い芸人ブーム的な流れは悪くない。

あ、思い出した。
ワタシは、まだ【邪悪なお兄さん】だったころの彼らと、何度かラジオで共演したことがある。その頃のワタシは女子高生と言う肩書きだったっけ。
可愛いコにはチヤホヤし、普通のコにはごく普通に、ぶさいくなコにはそれなりに対応していた彼らの姿が印象的。芸能人の癖に、そんな態度取ったらどこで何を言われるか分からないのに、なんて素直な奴らなんだと。

で。ワタシが彼らからどういう待遇を取られたか、という点に関しては、ご想像に一任。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

▼KDDI、GLOBAL PASSPORTのキャラクターに「ヨン様」

どうしてこう、一点集中型で誰も彼もがヨンサマヨンサマになっちゃってるんだろう。連れションっぽくてイヤだ。
KDDI(au)のCMって、オシャレな感じがして、auユーザとしてはまんざらでもない気分でいたのに、げんなり。

「ママ、あれ買って。」
「ダメよ」
「皆持ってるのに!」
「皆って何人?」
「クラスの皆だよ」
「誰と誰と誰?」
「…。」
昨今のヨンサマブームは、ワタシにこんな親子の図を連想させる。若干ニュアンスは違うが、1人がいいって言うと何だか凄くいいものに思えちゃって、じゃあ自分も!…って感じでヨンサマに集ってません?

ヨンサマブームに乗り遅れ、冬ソナブームにも乗り遅れたワタシ。そして、そのウエーブに参入する気は更々ない。ちっとも興味が湧かない。そもそも、ヨンサマって、素敵?何をもってして、素敵って言ってるの?わっかんないんだよね。ヨンサマを好きな女性ってなんか皆似てるよね。皇室ネタが好きな女の人と通ずるものがあるんだけどどう?
興味のない立場から言わせて頂くと、オナカ一杯。

みんな、オリジナリティ持とうよ…。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼元メダリスト池谷が2度目の離婚

なんつーか…。どうでもいいね。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼織田裕二&矢田亜希子、一足早くXマス

このドラマもそうだし、他のドラマに関してもまだ予告CMをチラッと見ただけだからなんともいえないってのはあるんだけど、次クールのドラマって、「なんか古そ」って感じちゃったんだけど、どうなのかしら。
なんつーか、いわゆる【トレンディドラマ】っぽい感じがするというか。もうトレンディドラマって単語自体がちっともナウじゃないけど。
一番ドラマが面白かった頃を思い出させるような予告で、当時はそれに心ときめいたもんだけど、果たして今の時代にどうなのかというか…。
まぁ、こんなことは制作側は百も承知だろうから、ちゃんと魅力的な内容になっているだろうということを期待するばかりであります。
織田裕二氏がワムを歌うとかきいたけど、どうなんだろう、それ。
ワムでいいじゃん、ワムのまんまで。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。