2005年04月10日

▼巨人は打線も沈黙、今季初の完封負け

巨人にはさ、『連勝』とか『圧勝』とかいう言葉が似合うわけ。
ちょっと、どうにかしてよ。
この「今年も巨人はダメなんだろ」って空気。

番長のピアスもいけ好かないし。
なんか、ピアス無い頃は雰囲気に魅力を感じてたんだけど、ピアス以降、安っぽい感じがしてちっともオーラを感じないんだよね。

まぁ、打ってくれりゃ何にも言わないからさ、ね。
「ヒラリ」とか考えてる暇あったら勝てと。
連勝するようになれば、キミたちが推してる「ヒラリ」の回数も増えて、希望通り浸透するカモしれないんだからさ。

※とかいって、下町生まれお囃子育ちのワタシは巨人ファン

中日10―0巨人(セ・リーグ=10日)――中日は一回、2四球などで無死満塁とし、ウッズの死球と福留の内野ゴロで2点を先行した。
六回には森野、谷繁の連続適時打で3点を追加。移籍後初登板の巨人・後藤光は制球難が響き、この回で降板した。
中日は八回にも5点を挙げ、今季最多の18安打、10点で大勝。連敗を3で止めた。初先発の山本昌が7回無失点の好投で1勝目。
巨人は打線も沈黙し、今季初の完封負け。同一カード3連勝を逃した。
posted by ワタシ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2886253

この記事へのトラックバック

開いた口がふさがらない。
Excerpt: 巨人0−10中日いやー、お見事でした。山本昌の投球。工藤も見習って欲しい。まぁ、負け試合だからね、誰が投げても同じだけど。ミセリも出したけど、どうかな。次もまた、点差がある負け試合じゃないと、登板機会..
Weblog: PC面白探検隊!
Tracked: 2005-04-10 22:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。