2005年02月20日

▼優作イズム継承!松田翔太俳優デビュー

コノヒトだってさ。

なんか、すごい絶賛されてるんだけど、そんなにイイかな。まぁ、みたことないのに、あーだこーだ言うことでも無いんだけど、外野が。
しかし、アニキの方も、最初は「なんかキモ」って思ったけど、なかなかどうしてイイじゃんか。個性的だよね、他に無いと言うか。(istのCMに出てる人ってみんなそんな感じがするんだけど)

そもそも、松田優作っていう俳優の偉大さを知らないワタシとしては、松田優作の息子って言うより、松田龍平だし、松田翔太なんだよね。

そんなことより、松田美由紀(=熊谷真実の妹)が松田優作の嫁って知った時の衝撃ったらなかったよ。
声のうるさい姉妹だなぁと思っていたら、あの松田龍平の母親だっつーじゃないか。てことは、松田優作の嫁って事でしょ?ほぇー。いやはや、分からないもんだなと。

って、ワタシが無知なだけなんだが。

故・松田優作さんと女優・松田美由紀(43)の二男・松田翔太(19)がTBSスペシャルドラマ「ヤンキー母校に帰るSP不良少年の夢」(3月27日、後9・00)で俳優デビューする。1メートル81の長身と精かんなマスク。約2年間の英国留学で英語はペラペラ。兄の龍平(21)と同じ道を進む翔太は「日本だけにとどまる気はない。世界を目指しています」と夢は大きい。
髪はオールバック、意志の強そうな目。大型ルーキーは収録現場でひときわ存在感を放っている。デビュー作はヤンキー先生こと義家弘介氏の高校時代に焦点を当てた青春群像劇。義家先生の少年時代を演じる嵐の櫻井翔(23)の兄貴分、21歳の高橋紀之役。
収録初日、緊張のためせりふを飛ばして何回もNGを出した。翔太は突然「バカって言ってください」と絶叫。スタッフから怒鳴られると「ありがとうございます」と気合を入れ直した。伊與田英徳プロデューサーは「このやりとりを見て、彼はすごいなって思った」と大抜てきの理由を明かした。
89年11月に父・優作さんが39歳の若さで亡くなった時は、4歳だった。好奇心旺盛で小学5年生から映画館へ1人で通っていた少年は「人に見られるような仕事をするんだ」と漠然と思っていたという。俳優を意識したのは留学前の17歳。テレビで父親の作品「野獣死すべし」を見て「何かを感じた」。
03年初めから英国にホームステイで語学留学し、同年9月から04年6月まではロンドンにある美術専門学校に通った。異国の地で初めて1人暮らしを経験し、将来のことを考え「俳優になりたいというエネルギーが体中に込めてきた」と述懐。帰国後に母の美由紀に相談し、10年来の友人である江角マキコ(38)を介して、唐沢寿明(41)らがいる「研音」に所属が決まった。
翔太は「目標は表現豊かで何でもできる役者。僕の胸の中に潜んでいる父から“お前よくやったな”と言われたい。英語をしゃべるのが特技なので世界は目指します」とキッパリ。美由紀からも「自分を信じてやってみなさい」と励まされている。きっと天国の偉大な父も見守っているに違いない。
posted by ワタシ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございましたー。
龍平くんは、目がもろお母さんの美由紀さん!
そこが微妙に大好きです。
弟くんは、お父さんの目だな〜
Posted by ふぃりあ at 2005年03月14日 22:23
○ふぃりあ さん

いやぁ、そうなんですよね、言われてみると雰囲気あるんですよ!
親子なんだから当然なのかもしれませんが、それでもなんとなく、
彼(龍平氏)のアンニュイな雰囲気と、お母様のハイテンションな声が。
弟君の姿を、早くテレビで拝見したいものです。
Posted by ワタシ at 2005年03月22日 12:16
超かっこいい!!
ホレました。
Posted by しおり at 2005年04月17日 23:05
こんにちは!
みゆきさんの息子さんならパワー溢れる方でしょうねー。
昨年一緒に旅したんですが、
素敵な方でしたよー。
Posted by マサミツ at 2005年04月23日 22:10
○しおり サン

うひゃ!ワタシ文句言ってます!ごめんなさい!
でもしおりさんとなら合コンいっても、
ターゲットがかぶらなそうでgoodです。
まぁ、ワタシは体外の人とカブらないのですが。
ワタシが特異体質のようです。へぇ。


○マサミツ サン

はらー!
すごいですね、みゆきさんと親しい方ですかっ!?
一般人なんて、芸能人を一方的に主観で見るだけですから、
こうやって本来の姿を知っている方が
「ステキな方だった」とおっしゃっているのって、貴重なご意見ですよね。
Posted by ワタシ at 2005年05月19日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アンモナイトと六法全書 ― 京都帰ろうかな… ―
Excerpt: 今時、CMにタイトルがついてて ドラマ仕立てになってる・・なんていうのは さほどめずらしくもなくなりましたが。 田畑智子と松田龍平が 司法試験浪人の女のコと 大学で古生物研究して..
Weblog: ぱーぷるさんが
Tracked: 2005-03-13 23:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。