2004年12月31日

♯御礼

2004年も、残り約1時間ほどとなりました。

ブログ開設から約4ヶ月、
皆様にとって気持ちのイイ内容でない記事も多々あったかと思いますが、
お付き合いいただきましてありがとうございました。

来年も、自分のペースでボチボチやってゆきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

皆様の御多幸を祈っております。

あとは、面白いゴシップが毎日あれば、ウハウハです。


また、ワタクシゴトですが。
ダリンが熱を出しまして、年末年始の予定は丸弾けです。
予約してたイベントもあったりなんかしたんだけど、
当日キャンセルなので、リターンなし。ヒィー。
ワタシの両親も、ダリンも、ダリンの家族も風邪引いてるって言うのに、
何でワタシが風邪を引かないのかが不思議で不思議で。ね。ね?
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

▼<M―1グランプリ>アンタッチャブルが優勝

今年のM1は、すっかり見慣れたアンタッチャブルがしっかりと期待に応えてくれたことと、南海キャンディーズが日本全国に「コレハクルゾ」というテンションの盛り上がりを与えてくれたことに尽きる。

ワタシの感想は以下。
偉そうなことばっかり言ってるので(特にファンの方など)お気に触ったらゴメンナサイ。

【千鳥】
彼らも言っていた通り、デジャヴまくり。
後半、会場が暖まってきた頃に彼らが出てきていたらまた結果は違うものになっていただろうか。ワタシ個人としては、ネタを知っていたために残念な結果。1回目に見たときはそこそこ笑ったのに。あんまり伸びはなかったけど。一度テレビでやったネタをM1でやらないでくれよー。ガッカリ。(@)

【東京ダイナマイト】
静か〜に面白かった。
優勝するほどの衝撃は無かったけど、今後も彼らの漫才を見たいという思いを残す4分間だった。

【トータルテンボス】
あまり好みではないのだけれど。
卵出したり旗出したり、ネタはそれほど面白くナイよなぁと思うんだけど、言葉遊びが上手でニマニマしちゃう。彼らは、もう爆発頭にこだわらず言葉遊びを貫いていって欲しいナと思う。

【タカアンドトシ】
上手かった。
いわゆる漫才だったと思う。でも、「顔が歪む」の意味がわからなかった。顔、歪んでないよねー、別に。彼らの漫才を良く見ているヒトには笑いどころだったのだろうか。勉強不足で残念。もしも、内輪ネタだったとしたら、世間には私以上に前知識のなくM1を楽しみにしているヒトが大多数だと思うのだけど。でもやっぱり面白かった、と思う。

【POISON GIRL BAND】
つかみがナイ。
途中からジワジワと意味不明さが居心地よくなったが、いかんせん心を奪われるまでに時間がかかりすぎる。彼らの流れをしってたら「そろそろくるぞ」みたいなカンジで違った楽しみ方があるのかなとか思った。余談だが、コメントのときの印象が悪かった。「あ、友達になりたくねー」と思った。

【南海キャンディーズ】
まさしく"彗星の如く"ってヤツ。
「顔を見たことあるし名前も聞いたことあるけど、唯一ネタ見たことないし、女芸人ってイマイチつまんないしなー」と、正直一番期待していなかったペア。しかし、結果的には、笑い転げさせて頂いた。しずちゃん、アンタいいよ。でも、コメント求められたときに割とさばさば回答できるところを垣間見て一瞬萎えた。だめだよ、しずちゃん、キャラ維持しようよ。山ちゃんの「しずちゃん、それは…」のツッコミ、秀逸でした。いま、ちょいキモ芸人がワタシの心を大幅に占めてるので。(フットボールアワー・岩尾、バナナマン・日村、ペナルティ・ワッキー、その他諸々)あぁ、山ちゃんも仲間入りだよ。

【笑い飯】
ビックリ。笑い飯って、こんなに地味な人たちだったッケ。と。
審査員も言ってたけど、パワーが薄くてちっとも引き込まれなかった。残念だナァ。去年のM1でMAX値をはじき出してしまったんだろうか。"Wボケ"という目新しさだけで我々は「笑い飯マジ面白い」と錯覚してしまっただけなんだろうか。それに、最近じゃ、たまにテレビで見かけても「あ、そのネタ見たことある」ってのばかりで。「いいネタはM1用にとっておいてあるのかな」とも思ったのだが、イマイチだったねぃ。中途半端というか。残念だった…。

【アンタッチャブル】
貫禄。安心感をもって見、笑い、満足した。
審査員も言っていたが、会場との一体感があったのはアンタッチャブルが一番。っていうか、アンタッチャブルだけだったのでは。自分たちやオーディエンスの両方を感じた上での間だった。それは、テレビの前にいるワタシですらライブ感を感じる程だった。素晴らしい。場数をこなしているのが足かせになるのでは?とチョット思ったりもしたが、プロはそう言うものではないんだなと。優勝するコンビの熱を感じた。当然の結果だったと思う。

【麒麟】
彼らのネタも初見ではなかったことからガッカリ…というよりは、しらけてしまった。一度テレビでやったネタをM1でやらないでくれよー。ガッカリ。(A)彼らの漫才は、"そこそこイイんだけど、クセになる何かが足りない"カンジ。顔と声はクドいがあっさり系。他の誰かでもよさそうだなと言うか。ていうか「頑張れ俺たち」って、全然面白くなかったんだけど。優勝したいならもっとハイテクなアドリブを是非。

【審査員部門】
キーやん。間が悪すぎな上に独り善がり。アレでいいんでしょうか。
まぁ、演るほうも観るほうもヒトなわけだし、当然ながら好みがあるのでどこを採点ポイントにするかは個人の裁量によるのだろうけれど、大竹まことが一番まともな採点をしていた印象。とはいえ、審査員の出した点数まで詳細に見ていたわけではないため、今夜にでもビデオで復習しようと思う次第。

また、松紳コンビだったら、ここで何と言っただろうと考えながら観た。
彼らの感想を是非聞いてみたいものだ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼BoA初ベスト 歌姫豪華版 14歳デビュー成長のすべて

これ欲しいけど、どうせCCCDなんでしょ?
萎えるなぁー。

ワタシとしては、BoAちゃんの今の曲(メリクリってタイトルはどうなのよ、え?)は、低音の声でてないし、ファルセットやりすぎな感があって、むむーってカンジだけど、世間的にはどうなんでしょうかね。

買うかなぁ、借りるかナァ。
借りてもCDには焼けないしナァ。最近MDなんてぽっくりめっきり使わないしなぁ。

いやいや、昨日のM1を見て以降、言葉間違い遊びが楽しくて仕方ありません。
友人も同類だったようで、言葉間違をふんだんに盛り込んだメールを送りつけてきます。一通りそれに突っ込んだら、次はワタシがボケる番で。

そんなことやってたら、寝不足ですが。
久々の会社なのに何やってんだか。

ま、仕事ないからいいか。(師走ですよぉー)

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

▼雑記帳 オタリアのジョナオ君が書き初めの練習 横浜

動物たちも、書道やらされたりサンタの恰好させられたりと年末年始は多忙ですね。
それなのに、なぜワタシは年末になって暇気味なんだろう。へんてこりん。

アシカといえば、足利銀行。
足利銀行といえば、"アシカがよろしく。足利銀行へ。"のCM。アシカwith小田茜。
小田茜といえば、少し前に、僧侶っぽいヒトと恋に落ちる昼メロやってたのを時々見た記憶があるんだけど。小田茜をはじめ、奇妙な演技をするヒトばかりが出てて、キモ楽しみなドラマだった。
あ、でも「僕の魔法使い」の時の小田茜は、変キャラがなんだか結構良かったけど。

国民的美少女だよねぇ。
「かわいいけど、果たしてこの顔は"国民的"なんだろうか?」と当時クラスメイトの中で話題になったッケ。
そういえば、ちぃーっとも美少女じゃないクラスメイトが、ビショコンに応募して書類で落とされて凹んで、最終的に彼女が支持していなかった小田茜がグランプリとって激怒してたなぁ。「いやいや、あなたが激怒する場面じゃないし」と思ったけど言わなかった。

オンナは怖いからさ。中学生といえども。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

▼<新潟中越地震>2ちゃんねる「電車男」から巨額の寄付

日本は、まだ、大丈夫だね。
助け合う心をもってたり、純愛ブームだったり。
そう言うことがほっとさせてくれる。

ひねくれてばかりいても、可愛くないよね。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼サップvsバンナ、MIXルールで激突=Dynamite!!

いや、ちっとも興味ありません。
ワタシは筋肉隆々が苦手なので。喧嘩も嫌い。(口喧嘩は売ってばっかりいるけど)
格闘技は喧嘩じゃないんだけどさ。分かってるんだけどさ。

【大晦日は格闘技】って慣習はいつから出来たの?
【大晦日はお笑いの合間に歌合戦】じゃなかったの?

しかしまぁ、筋肉フェチのワタシの友人(美)は、
"もうすぐ筋肉祭りだね!楽しみッ!"
と、ワタシから賛同の返答があるはずもないメールを送りつけてくる興奮度。
しっかり楽しんでおくれ。

因みにワタシの今年の年越しはテレビが見られない。
戸外で過ごすプランニング。

お笑い系番組をチェックしてビデオだ。
テープ交換頼んだよ、ママン。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(13) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼<女子大生に聞く>今時の男子は「幼児的、バカ、無責任」

記事読んで苦笑い。
誰もが心のどこかで思ったことが活字になっちゃうとこうも情けないものになってしまうのかというか。

「男子」+「学生」は、最強タッグ。お子様杯。
でもね、それはそれでいいと思ってるんだな、ワタシは。
女の子はいつでも耳年増なわけだしさ。
手放しでバカ騒ぎを出来る子の割合は低いと思う。ぶりっこって言葉にもなるのかな。
「あたしは見てるからいいよぉ〜」みたいな。(ワタシは違うけど。だからモテないんだけど!)
それが男の子に比べて落ち着いていたり大人なように感じたりすることがあるってだけなのでは。
んま、女の子は根がクールだってのもあるけどね、男の子に比べて。
…って、これは一般論というよりはワタシ周辺の女子の統計だけど。

女の子たちは、男の子たちに対して、
「バッカだねー」とか、「んもぅ、子供なんだから」とか言いながら、
羨ましかったり愛しかったりしてるわけよ、間違いなく。
だって、かわいいし。ワタシは好きだけどね。限度はあるけど。

愛すべきバカと、単なるバカは違うから。

で、大切な時が来たら、自分に潜在してたオトナな部分はこんなにあったんだゾ、っていうのを見せ付けて欲しいわけ。ガツンと。
学生のいいタイミングとしては就職活動になるのかなぁ。
学生に限らず、いろんな場面で見せ付けて欲しいのよ。
【意外性】ってヤツに近いかも。

どんどん大人になっていく一方で、バカで子供っぽい部分も忘れないで居られたら?

ほら、俗に言う「少年っぽさを持つ大人の男性」の出来上がりじゃない。
だれでもなれるわけ。女性の多くが好きなタイプにあげちゃうアレに。
頑張れ、オトコノコ!


誰しも、父や母となる潜在能力は持ってるんだから、スタートは平等。
アドバンテージを奪うには、いかにそこへ肉付けしていくか、だよね。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼加賀まりこ“事実婚” 55歳テレビ局社員と

加賀まりこって、可愛いよね…。
昔の写真を見るとやっばいくらいカワイイんだけど、今もまた昔とは違う可愛さがあるんだよねー。
タバコ吸ってたり麻雀やってたりするのに可愛いのは何でだろう。
見習うべきだろうか、女として。

昔それはそれは可愛かったヒトって、オトナ…というか、オバさんになると「えーどうしちゃったのー」ってなることが多いように感じるんだけど、でもきっとそのヒトは「若さ」のみで美を保っていたのかな、と。
一定レベルを超えてる子は、自意識と、若さと、プロの手のかかったメイクとファッション、そしてなによりヒトに見られることで、割と簡単に「アイドル」になれるんだと思う。
だから、全盛期を終えた昔のアイドルたちが普通のオバサンになっちゃうのって仕方ないのかなと思ってる。(男性アイドルも同様)

しかし、だ。
加賀まりこもそうだけど、本当の意味で美しいヒトは、いつまでたっても美しい。森光子、吉永小百合あたりもそう。年輪っていう重みが加わって、より一層深いものになってる感じ。
きっとあの人たちはこれからも綺麗になっていくに違いない。
大女優であるプライドが彼女たちを美しくさせているのかもしれない。

今の若い女優さん達の中に、そういった意味でいずれ大女優になるであろう素質のある人はいるんだろうか。
だれもかれも大差なく、似たり寄ったりな気がしてならない。
今、ここで、ワタシの指す「若い女優さんたち」って言うのは、大体同年代の方々。
自分の成長と一緒に彼女たちの今後を楽しみにしたいと思ってる。

うっは!偉そ!

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

▼暖冬で雪不足、スキー場ゲレンデは“細々”営業

学生時代は友人たちと【年越しスキー】が恒例になってた。
仲間以外に恋人が出来たり結婚したりと参加者は減ってしまったが(ワタシも脱落組)。
今年も残留の4名でどっかのスキー場を予約したらしい。しかし先日その宿から「例年では本日オープン日なんだけど今年はちぃーっとも行きがなくってまだまだオープンできそうにないッス」とう旨のメールがきたそうだ。
あと2週間で状況はどう変わるか…。
彼らは、アホみたいにスキーがすきーな人たちです。
充実した年越しになればいいなと願っています。優しい友達だわ、ワタシ。

これからどんどん温暖化すると、寒さで成り立つスポーツ(遊び)は困難になってくるんだろうな…。
なんでザウス壊しちゃったんだろ、もったいない。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼坂口憲二、Xマスは大掃除

> クリスマスの予定については「今年は仕事じゃないんですよ。大掃除でもしようかな」と話し、熱心な女性ファンを安心させた。

大掃除なんてするわけないじゃんね、クリスマスに坂口憲二が。もうちょっとマシなこといえませんか、憲ちゃん。誰だよ、憲ちゃんって。コユッキーと続いてるんですかね。おふたりは究極の「濃」「薄」の競演ですね。大きなお世話ですか。むしろ下世話ですか。
そうですか。

しかも、クリスマスに大掃除するって言った位で熱心な女性ファンが安心すると思ったら大間違いなのにね。大昔のアイドルでもあるまいし。絶対オナラはしないんだとかなんとか?現代のアイドルでも、イシカワリカなんかはウ◎チしないらしいですね。日本は平和ですね。因みに、ワタシは自慢できるほど快便ですよ。誰も興味ないってよ。

そうそう、憲ちゃん。
ワタシも25・26日で大掃除しようって思ってたのよ。おそろいね。


だから、憲ちゃんって誰だよ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼ヤイコが最後の大阪ドームコンサート

> ヤイコは今年で「ドーム公演卒業」を宣言しており、23日の東京ドーム公演が最後となる。

お。これ、ワタシ行きますよ。
今年は良くライブに行く一年でした。誘われることが多くて。ありがたや。

特別ヤイコのファンと言うわけではないのだけれど、知人に「チケットあるから行かないかい」と誘われれば断る理由はないレベルで好きです。現にこの流れで行くことになったわけで。
とはいえ、ヤイコの歌なんて、有名どころしか知らないしなぁ。そろそろ予習しないといけないんだけど、いかんせん年末。忘年会だらけでゆっくり部屋で音楽を聞きながら何かを…って時間はありっこ無いわけ。
今日も、明日も、明後日も、さかのぼれば、昨日も一昨日も、「忘年」にかこつけて飲むわ飲むわ。しこたま飲んだ後の終電。殺人的鮨詰め。コレは辛かった。酸欠で貧血になった。まぁ、乙女チック。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼公開放送で“素のあゆ”披露

> 「家ではジャージーは着ません。パジャマが好きですね。専用の棚があって、家に帰って、どれを着るか選ぶのが楽しみ」

いや、我が家にはそのパジャマ棚1つを置くスペースすらないんじゃないかトカね。
悲しい現実。

最近、なんだか金持ちが羨ましい。
SEやってる場合じゃないぞ。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

▼「魚民」「和民」共存へ 居酒屋“看板紛争”が和解

のみくい処 魚民 = モンテローザ
居食屋 和民 = ワタミフードサービス


ってのは、ご存知でしたか、皆さん。

居酒屋としてのタイプ一緒でしょう、「安かろう〜」な感じで。内装も似通ってるし。
同じビルの3・4階が和民で5・6階が魚民…みたいなパターンも多いし。
違いといったら魚民がちょっと照明が明るすぎて酔っ払いにはキツいわぁ、くらい?

でね。
ワタシはね「和民も魚民も、モンテローザ系列」と思ってたですよ。今の今まで。
だから、なんで兄弟同士で看板の喧嘩してるんだろう、と不思議に感じたわけ。

この時点で、モンテローザが勝ち組だよね。って、ワタシが無知なだけ?

んま、デートで使うコトはないけどねッ、両方!
(…と、イキがる若さをまだ持ち合わせているところをアピールしておく)

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼蓮、さくら、美咲がトップ 今年の赤ちゃん名前調査

『さくら』といえば『上原』?
『美咲』といったら『伊東』でしょ?

はい、またきましたよ。
ワタシの「ちっとも似てないのに似てるって言われる芸能人」シリーズ。
いつからシリーズ化したんだ、っつー疑問はこの際スルーでお願いします。
クセのない顔だから、誰にでもなんとなく似ちゃってるだけじゃねーの?ってのも然り。

上原さくらも伊東美咲も言われたことあるわけ。「似てるよね〜」って。
伊東美咲は、なんとなく分かるんだな。ちょっとキツそうな所が。って、まぁ、そんなコトで似てるといったら、日本人女性の約半数が【伊東美咲似】ということになりますが。
しかし上原さくらに至っては、一体全体ドコをどう見間違えて似てるといったのやら。大学時代の友人のT君、機会があったら教えてください。自分でそんなこといったことすら覚えてないんだろうケド。

りょうや西田尚美なんかにも似ているそうですよ、ワタシ。
基本的にキツい顔。そして、コクがない。

さて、『蓮』といったら、このヒト

うひょー!!新生男子くんたち、渋いね!

…と思いきや、あの方のお名前にはサンズイがついておりました。失敬。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

▼『電車男』ヒットの背景にあるものは?

ワタシに『電車男』を教えてくれた友人は「ぱそこんてなにー?」「いんたねっとってべんりなのー?」「けいたいいがいでもめーるってできるんだねー!」というタイプの子。
だから、そもそも「にちゃんねるってなにー」なわけ。
その彼女が、『電車男』を読んだ後から、明らかに影響されていると思われる単語(この記事で言う所の"スラング"。要は2ちゃん語)をメールのところどころにちりばめてくる。
ワタシ自身はいわゆる"にちゃんねらー"ってヤツではないけれど、仕事関連でもプライベートでも何かを検索しているうちに2ちゃんのスレッドにたどり着くことは多々あるし、自分の会社のスレッドを定期的にコッソリ見たりすることも、ある。叩かれるのが怖いから書き込みはしないけど。
頭のどこかに、2ちゃんねるに染まっちゃいけません!みたいな考えがあるので、「2ちゃんねるを思わせる何か」を意図的に避ける傾向にある。顔文字とか、そう言うところも。(まぁ、そもそも顔文字自体殆ど使うことがないんだけど)
でも、友人は2ちゃんねるをしらないから、当たり前のように
【○○君(彼女が今狙ってるコ)から連絡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!】
とかいうメールを送ってくるようになった。
「今流行ってるんでしょ?」くらいのノリでなんの違和感も持たずに。

あぁ、遂に、"日本全国総2ちゃんねる化"の日がやってきたのでしょうか。
2ちゃんねる文化は決して特殊な方々のものではなくなったと言うことなんでしょうか。

『電車男』のストーリー自体は、楽しく読んだし、ちょっとジーンとするところもあった。なんか外野がみんな無関係なのにあったかくってお節介で、ぽわっと優しい気持ちになってしまったり。
途中までは、本当の話と信じ込んで読んでいたけど、デートにやってきたエルメスさんの「ツインテール姿」の個所でワタシのなかではフィクションにスイッチ。
フィクションならフィクションでもいいし。別に。

しかしまぁ、この『電車男』を読んで、「恋っていいナ」って思っちゃいました。
(おっ、なんか可愛い発言。キュー!)

しかし、

新潮社郡司氏
> 彼は『エルメスさん』とうまくいっている。彼らはデートをしているし、彼女は本を買った。彼らはハッピーだ

なぜ「郡司さん」のコメントが英文和訳みたいなことになってるの!?

この記事の中で、ここが一番面白かった。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼振り込め詐欺1480万、ホテルで豪遊…少年5人逮捕

そのエナジーをどこか他にぶつけられないかねぇ!
いや、どっかのサムい先生の説教みたいに「エロはスポーツで発散しろ」とかいう類のことを言うつもりは無いけど。エロはエロでしか発散できないし。別物だし。
だから、そうじゃなくて、なんていうか、それだけ自分たちで考えたり行動したり出来る力があるんだったら他にイロイロできそうなもんなのに、もったいないと。悪事だから燃えるってのも分からなくはないんだけどさ。悪事にも限度があるでしょ。その辺を見極められないとねぇ。
まぁ、手口自体はオリジナリティに欠ける二番煎じだけどね。

しかも、今そんなに豪遊しちゃったら後で苦しむって。
ワタシ自身が、そうだからわかるのよぅ。
学生時代は割のいい、かつ、華やかなバイトばっかりしてた。掛け持ちで。
月収40万を超えることも少なくなかった。(でも夜じゃない)
服もアクセも鞄も買い放題だった。さすがに1食*万円のフレンチを食べに行ったりとかはしなかったけど、学生の分際でサークルの集まり以外ではモンテローザ系のような安価の居酒屋には決していかなかったし。
今となっては5万円の腕時計を買うことすら躊躇う始末。えぇ、薄給OLですから。

税金も引かれるし。
家にもお金を入れるし。
貯金もしなくちゃいけないし。

捕まった学生君たちも「儚い夢だった」と知ることでしょう、大人になってから。まともな大人になったらの話だけどさ。
過去の栄光だ、とか言うのかな。

しかしまぁ、

> 少年の1人が、自分の取り分に不満を持ち、警視庁戸塚署に自首したことから犯行が発覚した。

っていうのが、せめてもの救いだなと思っちゃったんですけど。
こんなふうに仲間割れしちゃうくらいの子供ちゃんだったら、更生の余地もあるんじゃないかな、なんて。

甘い?

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

▼長澤まさみ:“南ちゃん”に 「タッチ」実写で映画化

えぇーーーー。タッチの実写版って、どうなのさー。
あだち充の絵と日高のり子(ミナミ)・三ツ矢雄二(タツヤ)・林家こぶ平(コータロー)などの声優陣ですっかり定着しちゃってるんですけど。それ以外のパターンが考えつかないほどに。ましてや実写版だなんて。H2ですら違和感覚えたってのに、それ以上に長年培ってきたタッチともなるとこれは。
長澤まさみは可愛いし好感の持てる子だなぁとは思うけど、どう頑張っても【朝倉南】にはなれない。少なくともワタシの中では。
そもそもワタシは、現実世界に【朝倉南】は存在しえないと思ってるし。
【タッチ】の中にいることで、【朝倉南】は【朝倉南】たる価値があるんだと思う。

想像してみよう:"幼馴染の男の子に「南がついてるゾッ」なんて前かがみで言っちゃう子"

ワタシの頭の中にはアニメオタクっぽい女子しか出てこないんですけど。やっぱりアニメ(漫画)の中にいるから、朝倉南は愛すべき存在なんだってバ。長澤まさみにそんな痛々しいことさせたくないよぅ。

とかなんとか言ってるけど、演出次第では今までの固定概念タッチを覆す新しいタッチを見ることが出来るのかもしれないと言う期待も実はあったりする。

余談
あだち充の漫画は好き。登場人物の顔もパターンも一緒だけど気持ちが明るくなる。っていうか、暗い気持ちにさせられる事がない。高校生に戻ってスポ根と恋愛の両方を満喫したくなる。
中でもワタシは【ラフ】が好き。もう何度読んだかわかんない。
思い起こせばワタシは、あのフタリみたいに、兄弟みたいな喧嘩仲間みたいな相手とばかりコイに落ちているようないないような。あぁ、そういえば、今もそうだなぁ…。だから好きなのかな。
今夜は【ラフ】を読みながら寝ようかな。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(4) | 文化・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

▼<PSP>発売に1000人以上の列 数時間で売り切れ続出

ゲームは卒業、って思ってたのよ。チョット前まで。だからドラクエもやってないし。
いや、それ以前に、PS2すら買わずに我慢している状態だし。(どうしてもファミコンミニがやりたくてGBA買ってしまったのはワタシの負けなんだけど)
だから「PSPってどんなもんよ」ってことも考えないようにしていた。(ニンテンドーDSはそもそもあまり興味がもてなかったから綺麗にスルー)
しかし!
なんか、深夜行列組がいたり即日完売だったりというニュースを聞いて、ワタシの中でちょっと盛り上がってきちゃいました、PSP。
パパンとママンに「クリスマスが近いね!PSPが出たね!」と大アピール中。
しかし、26にもなって両親がクリスマスプレゼントをすんなりくれるとは考えがたい。
両親への誘惑が失敗に終わったときのために、ダリンにも「クリスマスは、PSPとみんゴルのセットを交換しようよ!そして年末年始はゴルフで対戦しましょうよぅ!」とこちらも大アピール中。過去にワタシの誘惑により、GBAを買わせてしまった実績があるので、イケるのではないかとか目論見中。
意外と乗り気。あと一押しか?

まぁ、あっちもこっちも売り切れ続出なわけだし、いつになったら手に入ることやら、っていうカンジだけど、来るべきその日のために、周りを徐々に固めていこうと思います。

あぁ、またしてもiPodが遠のいた。

っていうか、iPod買ったほうが利口なのか?

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

▼写真をDVD化する「フォトマイニング」、2割半が利用に前向き

富士写真フイルム「フォトマイニングサービス」

いいと思うよ、このサービス。ワタシは前向き。
と言うのも、少し前に、ネガを読み込めるスキャナを買って、ネガデータをCDかDVDで保存しようかしら…なんて考えたことがあったから。
デンキ屋行ってちゃんと欲しいスキャナも決めてたんだけど。
初期投資と作業にかかる時間を考えて、躊躇りました。

写真、好きなんです。昔から。
今となってはデジカメが強い味方なんだけど、それまではフィルムカメラ(使い捨ても含めて)オンリーだったので、金銭面でもデータの保存面でも難が多かった。

そんなこんなで、約20年分のネガフィルム。

> ネガフィルムの場合、36枚撮りで最大50本(1800コマ)、写真の場合はLサイズで最大800枚を取り込める。

50本やそこらでおさまる数じゃないんです。

> 料金は3万4650円(税込み)。

って、高いよ。
一体どれだけの額を払えばワタシの持つ全部のネガをデジタルデータにすることが出来るんだろうか。

それから、

> 完成したDVDのスライドショー再生では、ネガシートや写真の裏面などに記入したコメントを映画字幕のように表示できるという。

余計なことはしてくれなくて結構ですから、ちょっと割安にしてくれませんかね。
編集したりコメント入れたりという作業は自分でやるからさぁ。それに、コメントをオペレーターの人に見られるのも恥ずかしいじゃないか。

やっぱり、こうなるとスキャナ買って、少しずつでも自分で作業した方が、懐に優しいんだろうナァ。

なけなしの冬ボ(お小遣い程度)で、iPodを買おうかと思ってたんだけどなぁ。
スキャナって選択肢もアリかナァ。
とかいって、ケチなワタシは、結局どっちも買わずに貯金しそうだわ。


あぁ、年末ジャンボ当たらないかなぁ。

買ってないけど。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼女性の飲食店トイレ利用法 メールか電話5割 うがい、歯磨き半数

ははン!
この結果は、ワタシの意見と一緒ですねぇ。…と言うことは、ワタシはごく一般的なニッポンのジョセエってことなのですねぇ!うれしいやらどうでもいいやら。

現代人ってさ、多少の差はあれど、潔癖っぽいと思うんだわ。汚いのがいやとか、臭いのがいやとか。実際ワタシも、電車のつり革につかまるのがいやだったり、押すタイプのドアは手で直接は触らないで肩のあたりで押して開けるとかさ。
だから、どんなにピカピカでも、どーうしても清潔度が低い気がしてしまうお手洗いの居心地がいいってのは、ユーザーとしては嬉しい限りですな。

トイレで携帯を見るか見ないかと聞かれれば、「見ることが多い」だなぁ。特に、デイトの時なんかは。
でも、電話はしないなぁ。BGMが流水音ってのは遠慮したい。メールのみだな。
トイレでメールしてるからって、別にやましいやり取りをトイレで済ませちゃいましょって訳ではないのですよ。ダリンのいる横で返事してもいいんだけど、わざわざ一緒にいるときに1人のことをすることはないかなと思うわけ。ママンに「今日の夜ご飯はいらないわ」とか、友人に「明日の飲み会は遅れるかもしれないけど絶対行くから!」とか。そう言うのをちゃちゃっとトイレで(用を済ませながら)済ませちゃうってのは、多々ある。
ほぅら、一石二鳥じゃない。2コ買ったらもう1コついてくる、みたいな?「だったら1コを7割で売ってよ」なんて言っちゃダメですよ、そこのワタシさん。

うがいや歯磨きも良くします。
歯磨きセットは基本的にいつも持ってるし。小さい鞄じゃないときは。身だしなみに気を使うステキなレディなわけよ、ワタシさんってひとは。みんな、ちゃんと覚えたかな?

一点、ワタシが一般女性陣として欠けてる所は、【化粧直しをしない】ってコトくらいだろうか。
化粧直しねぇ、しないんだよねぇ。
会社でも昼食後に歯は必ず磨くんだけど、化粧は直さないのさ。

いやー、午後1時の女子トイレの混雑ップリったら凄い。
どいつもこいつも半口あけて化粧直してやがる。

それを横目にワタシさん、心の中では、いつだって叫んでる。

「ちょっと、洗面台占領しないでよ、あんたなんて、化粧直したところで…(以下自粛)!!」

ワタシの定説:化粧直しに必死な人ほどブ…(以下自粛)
(別にワタシ自信を「美」に勝て語ライズしているわけではないのでよろしく。ワタシが化粧を直さないのは単に「ものぐさ」ってだけですよぅだ。)

つまるところ、トイレが綺麗なお店はそれだけでかーなーりポイント高いゾ、ということ。

ま、トイレがつまってたら困るけどさ。

って、つまんねー。

続きを読む
posted by ワタシ at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。